ZEB(ゼブ)とZEH(ゼッチ)

ZEBとは、ゼロエネルギービルの略称であり、

「・建築構造や設備の省エネルギー

・再生可能エネルギー・未利用エネルギーの活用

・地域内でのエネルギーの面的(相互)利用

の対策をうまく組み合わせることにより、エネルギーを自給自足し、化石燃料などから得られるエネルギー 消費量がゼロ、あるいは、おおむねゼロ、となる建築物。」

と定義されております。

また、ZEHはゼロエネルギーハウスの略称で、自宅で「創るエネルギー」が「使うエネルギー」よりも大きい住宅のことをさします。

両方とも建物に発電設備を導入して発電量を増やす方法と、省エネを進めてエネルギー消費量を減らす方法が上げられますが、空調の調節が必要最低限であり、建物の長寿命化を可能とする外断熱工法にはZEB・ZEHの両者に打って付けであるといえます。

国際エネルギー機関(IEA)が、ZEBへの取組加速を勧告し、日本でも新築公共建築物の2030年までのZEB化に向け開発等を加速することを発表した近年、外断熱工法が当たり前となる社会になるでしょう。