2017年2月12日(日)、エコリノ・シンポジウム開催のお知らせ

15591360_1738240166503621_3901712497223058223_o

エコリノ・シンポジウム

  • 主 催
    集合住宅環境配慮型リノベーション検討協議会
  • 後 援
    NPO法人多摩ニュータウン・まちづくり専門家会議
    一般社団法人多摩循環型エネルギー協会
    NPO法人日本外断熱協会
    多摩マンション管理士会
    多摩市住宅建設協同組合
  • 日 時
    2017年2月12日(日)13:00〜16:30(開場13:00)
  • 会 場
    ベルブホール(多摩市立永山公民館5F)
    多摩市永山1−5 地図(京王・小田急永山駅より3分)
  • 参加費
    無料(先着100名)
  • 内 容
    13:00〜 開場 受付
    13:30〜 1部 基調講演「マンションと住環境(仮題)」山岡 淳一郎 ノンフィクション作家
    15:00〜 2部 モデル管理組合への提案報告
    ※平成28年度多摩市が募集した集合住宅環境配慮型リノベーションモデル事業に応募し、選定された集合住宅です。
    A管理組合 民間 築20年 5階建 1棟 35戸
    B管理組合 公団 築33年 2〜5階建 12棟 283戸
    C管理組合 公社 築40年 5階建 8棟 270戸

外断熱展示相談会(省エネ・高耐久資産価値向上リノベーション)同時開催!

  • 開 催
    11:00〜13:00
    エコリノ・シンポジウムと同時開催!省エネ・高耐久・資産価値向上リノベーション=外断熱リノベーションについてNPO法人日本外断熱協会のスタッフが費用・工期・事例について皆様の質問にお答えします。また、外断熱工法に関する模型・カタログも多数ご用意しております。

以上

2017年1月13日(金)開催!平成29年新春講演会と新年互礼会のご案内

外断熱推進会議から日本外断熱協会(JAEI)へ、新年はこれまでの外断熱推進会議の活動を踏まえて、消費者・行政・業界への「外断熱推進」活動を強化してまいります。また制度政策活動の重要性に鑑み、超党派衆参両議員からなる「議連」との連携、協力関係を進めることと致します。

更に、木造部会や設計部会、事業部会の活性化や新HPの活用を図ってまいります。

新しい年を迎えるにあたり新年互礼会(及び新春講演会)を下記の内容にて開催いたします。

皆様のご出席をお待ちしております。

dsc_6900

第一部 新春講演会(基調講演 山岡淳一郎)

  • 主 催
    NPO法人 日本外断熱協会
    JAEI(JAPANESE ASSOCIATION for EXTERNAL INSULATION)
  • 日 時
    1月13日(金)13:30開場
  • 会 場
    機械振興会館 B3-6会議室
    〒105-0011
    東京都港区芝公園3-5-8
    機械振興会館  地図
  • 参加費
    1,000円(“新年互礼会”参加者は無料!)
  • 内 容
    テーマ「設立15周年を前に、日本外断熱協会の歴史と未来を語る」
    14:00〜 映像による日本外断熱協会(外断熱推進会議)の歴史
    14:30〜 開会のあいさつ 田村 浩一 理事・事務局長
    14:40〜 講演1「外断熱推進会議(日本外断熱協会)の誕生について」宮坂 幸伸 理事長
    15:20〜 講演2「外断熱マンションへの取り組み(仮題)」夏目 康広 常務理事
    15:40〜 基調講演「外断熱と日本(仮題)」山岡 淳一郎 ノンフィクション作家・理事
    yamaoka-1

第二部 新年互礼会

  • 主 催
    NPO法人 日本外断熱協会
    JAEI(JAPANESE ASSOCIATION for EXTERNAL INSULATION)
  • 日 時
    1月13日(金)17:30〜19:00
  • 会 場
    機械振興会館 B3F 食事処“うすい”
    〒105-0011
    東京都港区芝公園3-5-8
    機械振興会館  地図
  • 会 費
    6,000円
dsc_6890

下記、PDFを印刷の上、FAXにてお申し込みください

以上

建築家ブルーノ・タウト

建築家 ブルーノ・タウトドイツに生まれ、一時期を日本で過ごし、桂離宮の再発見などにより、日本人に馴染みの深い建築家、工芸家、また文筆家でもあるブルーノ・タウト(1880-1938)。

副理事長の田中辰明先生(お茶の水女子大学名誉教授)は、ドイツ留学時代(1970年代)から現在まで渡独の度に、ブルーノ・タウト作品をこつこつと撮りためてきました。

このたび、これらの作品の紹介を中心とした書籍を上梓しました。

タウトに関する日本の多くの書籍は、氏の著書に関するものが多いですが、この書籍では、特に1910~30年代にタウトにより設計されその後に改修され現存しているドイツにおける作品を、調べ、訪ね歩いたものを紹介しています。建築家田中辰明先生の目から見たブルーノ・タウト像が浮かび上がってきます。

タウトも建築も詳しくないという方でも、お楽しみいただける書籍です。

【建築家ブルーノ・タウト ―人とその時代,建築,工芸―】
お茶の水女子大学 名誉教授・工学博士 田中 辰明

お茶の水女子大学 博士(生活科学) 柚本  玲

A5判/並製232頁/カラー口絵6頁

株式会社オーム社

第1章 タウトの生涯とタウトを取り巻く人々
第2章 ユネスコ世界文化遺産と1924年までに設計されたジードルング群
第3章 1925年に設計されたジードルング群
第4章 1926年以降に設計されたジードルング群
第5章 ダーレビッツに残るブルーノ・タウトが設計した旧自邸
第6章 ブルーノ・タウトの多様な作品群
第7章 日本での活動-建築家の休日
第8章 タウトの言葉
文献一覧
タウト作品見学ガイド

事例に学ぶ「断熱計画・施工の考え方と進め方」

事例に学ぶ「断熱計画・施工の考え方と進め方」外断熱建築技術アドバイザー、外断熱建築マネージメントアドバイザー試験のテキストになります。

これから、外断熱建築技術アドバイザー、外断熱建築マネージメントアドバイザー資格を目指される方、外断熱建築技術アドバイザー、外断熱建築マネージメントアドバイザー資格をお持ちの方には必見の書です。

http://ssl.ohmsha.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?ISBN=978-4-274-21056-3

事例に学ぶ「断熱計画・施工の考え方と進め方」
・著者:田中 辰明 柚本 玲 共著
・定価:2940円(本体2800円+税)
・A5 160頁
・ISBN 978-4-274-21056-3
・発売日:2011/07

断熱の計画から施工まで,事例に即してわかりやすく解説した!
安全で長寿命の建物を実現するには、きちんとした断熱計画が不可欠です。
適切な断熱により、健康で快適な居住環境を低いランニングコストで得ることができます。
また、断熱により湿気や水・カビなどによる建物のいたみを最小限にくいとめることができます。
「断熱」は、今日に至るまで日本ではあまり重視されてきませんでしたが、本書では多様な事例を丁寧に追っていくことにより、「断熱」の基礎から実際の施工、居住者の居住体験までを正しく紹介します。

★このような方におすすめ
断熱関係の計画設計・施工・材料開発等に関わる実務者
外断熱建築技術アドバイザー
外断熱建築マネージメントアドバイザー
ほか

主要目次
第0章  はじめに知っておきたいこと
第1章  断熱のトラブル事例
第2章  事例に学ぶ外断熱改修
第3章  事例に学ぶ高断熱建築

耐震+外断熱テキスト

平成22年度東京都「提案公募型産業交流促進事業」補助金交付事業 建物の耐震化+断熱化による安心・省CO2と産業創出!「耐震+外断熱テキスト」NPO法人外断熱推進会議が運営主体となって結成された「東京都外断熱ネットワーク」。これは平成22年度に東京都が公募した「提案公募型産業交流促進事業」補助金交付事業に応募した際、採択されて実現した組織です。本テキストはその「東京都外断熱ネットワーク」が半年間にわたって開催した交流会・セミナーの内容を一冊にまとめた貴重なものです。「耐震」と「外断熱」をキーワードに、安心・快適・長持ち・省エネな生活環境を実現するためのノウハウが凝縮された「耐震+外断熱テキスト」を是非ご活用下さい。 A4 136頁

ZEH化解説と超高断熱・高気密・高耐久木造住宅セミナー

我が国は、気候変動対策として2013年基準で、2030年までにCO2の40%削減を国際公約としており、その半分は住宅での省CO2に期待した目論みとなっています。このため、新築住宅だけに留まらず改修住戸も含めた「ネットゼロエネルギーハウス」(以下ZEHと略称)化が、国を挙げて推し進められており、特に物件数の多い関東以西の地域での取り組みが重要になります。このZEH化を先導し普及促進させるために、平成28年度「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業(ZEH)」は既に4次公募の交付決定が発表されており、今後も年度末に向けて断続的に公募が続けられるものと見込まれます。ただし、応募資格としては「ZEHビルダー」としての登録が必須となり、(一社)環境共生イニシアチブでは来年3月まで「ZEHビルダー」募集も継続しています。

このようにZEH支援事業も佳境を迎え、国を挙げてZEH建設を推進しようとしている状況下で、大手ハウスビルダーの留まらず、工務店、建築設計事務所、リフォーム業者、建売住宅販売者にあっても、持続可能な発展を続けるには、ZEH供給は不可避の状況となっています。NPO法人 日本外断熱協会とPHIJP発足準備会では、他団体とは一線を画し、外皮の断熱・防露性能を最大限に強化し高気密化を前提とし、建物耐久性能に配慮した「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の普及・促進を目指しています。

この度のセミナーでは、連続断熱層(外断熱)をしっかり担保した超高断熱・高気密・高耐久木造住宅のゼロエネルギー化を実現するための、勘所や鍵となる技術情報を紹介・解説します。なお、セミナー開催の母体となっています日本外断熱協会 木造部会は、昨年9月発足以来2年目に入ります。当部会では、超高断熱・高気密・高耐久木造住宅のゼロエネルギー化について、解決すべき問題点や建設地の気候条件に応じた対策について、継続的で活気のある議論が続けられており、その成果の情報提供・発信に努めています。当協会へのご入会も,併せてご検討戴ければ幸いです。

また、当セミナー翌日の10/29(土)午後には、講演で紹介される超高断熱・高気密・高耐久木造住宅の現場見学会(千葉県旭市)を開催します。併せてご参加賜れれば幸いです。

ZEH化解説と超高断熱・高気密・高耐久木造住宅セミナー

  • 主催
    NPO法人 日本外断熱協会
    JAEI(JAPANESE ASSOCIATION for EXTERNAL INSULATION)
  • 共催
    PHIJP発足準備会
  • 日時
    10月28日(金)13:20-16:50(開場13:00)
  • CPD
    (一社)東京都建築士会CPDプログラム(ID:00176027)
  • 分野
    施工管理分野/建築系、専攻領域:統括設計、ランク:D、単位数:3時間
  • 会場
    機械振興会館 6D-3会議室 定員42名(先着順)
    〒105-0011
    東京都港区芝公園3-5-8
    機械振興会館407号 地図
    TEL:03-3436-4755
    FAX:03-3436-0678
  • 備考
    第1部『ZEH化の要点解説』は聴講無料、セミナー後半は有料、一般:5,000円,当協会会員:1,000円,設計/木造部会員:無料
  • 第1部
    無料
    13:20ー13:25 はじめに…宮坂幸伸/当協会理事長
    13:25ー14:55 ZEH化の要点解説…資源エネルギー庁担当官
  • 第2部
    有 料(一般:5,000円,当協会会員:1,000円,設計/木造部会員:無料)
    【第2部】 有 料(一般:5,000円,当協会会員:1,000円,設計/木造部会員:無料)
    15:05ー14:30 健康省エネ住宅推進プロジェクト補助金獲得で分かった軸組木造住宅の高断熱・高気密化の要点…林和義/当協会正会員、(株)ハヤシ工務店
    15:30ー15:55 気候条件に準じたPHIUS+2015認証取得を加速するWUFI Plus
    …芝池英樹/当協会副理事長、京都工芸繊維大学・博(工)
    休 憩
    16:00ー16:45 北米パッシブハウス会議・見学会報告
    ・見学した外皮・開口部等のディテール
    …大橋周二/当協会理事・設計部会長、(有)大橋建築設計室
    ・主な報告と最新技術速報(ビデオ・レター)
    …岡田早代/SA2 Studio
    ・2016 Passive作品競技の概要と参加報告
    …金子 勲/当協会正会員、金子勲一級建築士事務所、
    16:45ー16:50 まとめ…吉田一居/当協会理事・木造部会長、(株)東急不動産次世代技術センター

超高断熱・高気密・高耐久木造住宅の見学会

  • 主催
    NPO法人 日本外断熱協会
    JAEI(JAPANESE ASSOCIATION for EXTERNAL INSULATION)
  • 共催
    PHIJP発足準備会
  • 日時
    10月29日(土)13:10-16:20、集合…JR飯岡駅前(千葉県旭市後草)
  • 往路
    JR特急しおさい3号/銚子行…東京10:43発→飯岡12:16着
    千交高速バス/銚子・犬吠埼行き(旭ルート)…浜松町10:50発→東京駅八重洲口前11:10→飯岡13:01着
  • 復路
    JR特急しおさい12号/東京行…飯岡16:51発→東京18:29着
    千交高速バス/東京駅・浜松町行き(旭ルート)…飯岡16:32発→東京駅八重洲口前18:46→浜松町19:01着
  • 物件
    健康省エネ住宅推進するプロジェクト補助金を獲得した竣工住宅
    PHIUS+2015で暫定認証された軸組木造住宅の建設現場

以上